2017年05月30日(火)

5/30(火) 読売新聞朝刊:解説スペシャル「高知・大川村検討」に現代社会学部榎澤幸広准教授のコメントが掲載

 5月30日(火)の読売新聞朝刊の「解説スペシャル」に高知県大川村で設置を検討されている町村総会について現代社会学部榎澤幸広准教授のコメントが掲載されました。

 

 記事の中で榎澤准教授は51~55年に東京・八丈小島の旧宇津木村で設置された町村総会の状況と、高知県大川村の状況を比較し「狭い平地に人口が集中して集まりやすかった旧宇津木村とは状況が違う。全員出席は最初と採決の時などにして、あとは少人数の委員会で審議することも考えられる」と指摘しています。

このウィンドウを閉じる