2017年04月23日(日)

4/23(日)中日新聞朝刊:名古屋市大学生消防団 本年度から本学含め新たに5校参加

 4月23日(日)の中日新聞朝刊(市民版)に名古屋市大学生消防団に本年度から本学含め新たに5大学が参加することが掲載されました。

記事では、大学生消防団は昨年4月、中京大と名古屋市立大の五十人で発足。本年度から愛知、愛知学院、東海学園、名古屋学院、南山の五大学が加わって大学ごとに二十五人の分団をつくり、計百七十五人で活動する。目的は、若者目線で消防団を広報することや地域防災力向上で、防災訓練への参加や、出初め式や大学祭での消防団のPR、応急手当ての普及員の講習受講などに取り組んでいき、実際の火災現場での活動は行わないとされています。

このウィンドウを閉じる