2017年03月27日(月)

3/27(月)朝日新聞朝刊:若い女性の愛知離れについて現代社会学部江口忍教授のコメントが掲載

 3月27日(月)の朝日新聞朝刊に、若い女性の愛知離れについて現代社会学部江口忍教授のコメントが掲載されました。


江口教授は、「情報産業や飲食・観光産業などへの就職を機に愛知から東京に女性が流出している。こうした産業を育てるには時間がかかる。就業人口の多い製造業で、女性が働きやすい環境をつくる方が効果が高い。優秀な女性が働きたいと思う職場でないと、競争には勝てない。女性の働きやすさは福利厚生の充実に加えて、やりがいを感じられる環境が必要だ。愛知の企業は前者が充実していても後者はまだまだ。大企業が率先して取り組めば、全体に広がっていくはずだ」とコメントしました。

このウィンドウを閉じる