2017年02月24日(金)

子どものための心理的応急処置(PFA)1日研修を開催しました

2月21日(火)に、名古屋市男女平等参画推進事業の一環として、子どものための心理的応急処置(PFA)1日研修会を開催いたしました。
「子どものためのPFA(サイコロジカルファーストエイド)」とは、大規模災害や事故に直面しストレスを抱えている子どもや養育者の精神的苦痛を悪化させないよう支援にあたり、必要なニーズへとつなぐ専門家でなくてもだれでも実施できる心理社会的支援の手法です。


研修会には、学生、実際に支援をされている団体の方、大学教員など幅広い職業と年齢の方にご参加いただきました。それぞれの立場からの見方や考えを共有し、シュミレーションやロールプレイなど実践を交えながら、支援者として必要な心構えや、どのような対応をすべきかについて学びました。


また、本研修受講者には修了証が授与されました。

 

 【講師】望月聡一郎 氏(厚生労働省障害保健専門官)
     加藤郁子 氏(さいたま市こころの健康センター医師)
     赤坂美幸 氏(セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン)
 
 コーディネーター:
     越智祐子(名古屋学院大学経済学部講師)


 【主催】名古屋市熱田区役所(男女平等参画推進事業)
     名古屋学院大学(COC事業)

 【協力】セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、こどもフォーラム

このウィンドウを閉じる