2017年02月23日(木)

熱田区役所公開防災講座にて本学教員、学生が登壇

 1月21日(土)に、平成28年度熱田区役所公開防災講座が開催され、本学経済学部の越智祐子講師と学生が、パネリストとして登壇しました。第二部の意見交換にて、越智先生から『コミュニティではないけれど?!』と題して、今年度秋学期の授業「減災福祉まちづくり演習」で取り組まれた内容が紹介されました。スライドを通して、災害時の避難所運営について若者層が興味を持てるように、また災害時要配慮者への想像力が高まるようにするにはどうしたら良いかを学生と考え、一般的に認知されている避難所運営ゲーム(HUG)をベースとした減災啓発ゲームを考案した過程が報告されました。また、こうした発想は地域コミュニティにも適用できる可能性があることも示されました。学生からも、ゲーム作成に関する報告がなされたほか、実物のゲームを会場で展示し、学生自らが来場者へ解説をしました。 



◆平成28年度熱田区役所公開防災講座 

  日時:1月21日(土)13:30~16:30 
  会場:熱田区役所講堂 
  内容:第一部 基調講演 
      ∇講師 馬場俊英氏  
      ∇演題「熊本地震被災者の視点から」 
     第二部 意見交換「防災のこれから」 
   主催:熱田区役所 
   協力:あつた災害ボランティアネットワーク 
     名古屋学院大学 
このウィンドウを閉じる