2015年01月10日(土)

商学部で第6回日経ビジネス杯(ゼミ対抗研究発表大会)を開催しました。

企業の協力を得て研究、成果の報告も

商学部では3年ゼミから参加希望を募り、日経BP社の協力を得て研究発表大会を開催しています。
6回目となる本年度は、9ゼミ20チームの参加がありました。ゼミ内でチームを組み、文献を調査し、自分達の足で調査活動を行い、研究成果をグループで発表します。

中には企業に協力を求め、実際に報告・提案しているグループや、先輩から継続する活動を引き継ぎながら、より一層の進化を探っているグループもあり、その活躍ぶりは3年生ながら、頼もしい限りです。日経BP社2氏の講評でも、お褒めの言葉をたくさん頂戴し、努力の成果は確かに年々増し加わっていると感じ取ることが出来ました。
 
午前中は5チームずつ小教室に分かれて予選会を行い、参加グループ毎に他チームを審査します。
既に昨年11月にも一度中間発表会を経ており、その際に出された問題点や検討事項を修正し、前日まで何度もリハーサルと調整をくり返して臨んだ本大会では、どのグループもチームワークの取れた素晴らしいプレゼンテーションを披露しました。

午後は、日経ビジネス編集部長西頭恒明氏の基調講演「新社会人に欠かせないコミュニケーション力と考える力の磨き方」が行われ、仕事に取り組む姿勢について、情報収集の仕方、コミュニケーションの方法、考える力をつけるには、これからのビジネスパーソンに望まれるグローバル人材となれるよう、自ら当事者意識を持とうとの、大変有益で励ましとなるお話をいただきました。

基調講演の後は、集計がまとまり、決勝進出チームの名前を1チームずつ読み上げられると、そのまま舞台に上がり、再びプレゼンテーションです。全てのチームが、いつ呼ばれても発表できるように準備しています。決勝には6チームが選出されました。

最後に懇親会の席上で表彰式が賑やかに行われ、グランプリ1席、準グランプリ5席が決定しました。また決勝進出は逃したものの、優秀な研究発表であったチーム6組には、日経BP社様より奨励賞が授与されました。

受賞の各チームと発表タイトルは以下のとおりです。

 

受賞チーム一覧


【グランプリ】 
  ・未来ガジェット研究所(三輪ゼミ)「東南アジアにおけるクールジャパン」
【準グランプリ】 
  ・ヘルメス(濱ゼミ)「家庭用A3プリンターの認知~ブラザー社製品の普及に向けて~」
  ・TeamT(伊藤ゼミ)「SNSを利用した減災まちづくり
                       ~大学生が進める災害対策プロジェクト~」
  ・アンビシャス(濱ゼミ)「成熟期・衰退期における戦略~カルビーの鮮度管理を例に~」
  ・MKW(佐伯ゼミ)「愛知県の起業支援制度」
  ・オラクル(濱ゼミ)「小さな結婚式の名古屋進出」
【奨励賞(日経ビジネス賞)】
  ・金のなる木(清水ゼミ)「軽自動車の女性ユーザー開拓を目指した販売促進戦略の提案」
  ・ゴジラ(山口ゼミ)「“ペンギン男子”を如何に飛込ませるか」
  ・ポイフル(佐伯ゼミ)「コメダ珈琲とスターバックスから学ぶホスピタリティ」
  ・TeamI(伊藤ゼミ)「コンテンツツーリズムをもちいた地域活性化」
  ・レーヴ(濱ゼミ)「青果物卸売業の存在意義~生き残る方向性~」
  ・もしもしファミリー(上田ゼミ)「スーパー銭湯 ~スーパー銭湯のマーケティング~」
 

このウィンドウを閉じる