グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  スポーツ健康学部 >  こどもスポーツ教育学科

こどもスポーツ教育学科


幼児や児童に、運動の楽しさと
大切さを伝える“先生”へ。


運動が大好き!そんな子どもたちを増やし、幼少期から運動に対する正しい理解と愛着を育てることが、生涯を通しての健康維持・増進とともに、生きがいにつながっていきます。そんな運動の重要性が見直されるなかで今、幼稚園や小学校では、幼少期の運動や健康について科学的な知識に基づき、適切に指導できる教育者が求められています。
こどもスポーツ教育学科では、こうした社会の要請に応え、幼児・児童に運動の楽しさを伝えながら子どもたちの心と体の豊かな成長を見守ることのできる「先生」を育成します。カリキュラムでは、教員養成課程を核に運動と健康に関する多様な科目を組み込み、さらに本学独自の実習の充実によって、教育指導の実践力を養成。
さらに、幼保一元化や幼小連携など社会的要請に応える複数免許取得も視野に4年一貫の個別指導で、あなたが描く将来像への歩みを支えていきます。

こどもスポーツ教育学科とは

生活習慣や食生活、運動環境など、こどもを取り巻く様々な視点から、スポーツ教育への理解を深めます。同一学部のスポーツ健康学科で評価の高い科目群のほか、こどもの教育やスポーツに関する科目を幅広く学ぶことができ、「小学校教諭1種」「幼稚園教諭1種」の2つの教員免許が取得可能となっています。

こどもスポーツ教育学科の理念と目的

こどもの運動やスポーツを基盤とし、小学校・幼稚園教諭の養成に必要な学修を通じて、こどもの心身ともに健やかな成長に貢献できる、高度な専門知識と実践的な教育力を持った人材を育成することを理念とします。
この為に本学科の教育研究では①生涯にわたる健康の基礎作りへの貢献②こどもの運動・スポーツ指導の改善への貢献③健康や運動・スポーツに強い関心を持つ小学校及び幼稚園教諭の養成を目的とします。

こどもスポーツ教育学科の特徴

こどもの成長・体力・こころを理解する多彩な学び

基礎科目から専門科目へ発展的・体系的学習を通じて深めることができます。専門教育は「学科基礎科目」の上に「こどもスポーツ・健康科目」、「初等教育科目」、「幼児教育科目」、「演習科目」の学科専門科目の4本柱があり、それぞれの領域について段階を踏んで学びます。

小学校・幼稚園教諭・教育指導者を養成

必修科目として、小学校及び幼稚園教諭養成に係る教科・教職科目に加え、「こどもスポーツ教育論」、「発育発達とスポーツ」などこどもに特化した教育とスポーツに関した学習が可能です。

近隣自治体と連携して行う「体験学習」で指導力を養う

地元瀬戸市教育委員会との協定に基づき、教育現場見学や教育活動支援を通じで実践的指導力の向上を図ります。

取得できる資格・免許

教職課程で取得可能な教員免許状

  • 小学校教諭1種
  • 幼稚園教諭1種
  • レクリエーション・インストラクター

受験資格が得られる資格

  • ジュニアスポーツ指導員

受講科目

学部共通科目 健康科学概論、スポーツ科学概論、スポーツ社会学、スポーツ心理学、スポーツ生理学、栄養学概論、医学一般(概論)、看護学概論、スポーツ実技 など
学科基礎科目 こどもスポーツ教育論、運動指導法Ⅰ(器械運動、ボール運動)、運動指導法Ⅱ(陸上運動、水泳)、こども運動指導論 など
学科専門科目 こどもスポーツ健康科目 こどもの運動遊び(伝承遊びを含む)、こどもと健康、発育発達とスポーツ、生涯発達心理学、学校保健・安全論、こどもの食と栄養、教育・体力測定評価、生涯スポーツ論、こどもと地域社会、健康フィールドワーク など
初等教育科目 体育科教育法(初等)、国語科教育法、算数科教育法、理科教育法、社会科教育法、音楽科教育法、初等図画工作、教育課程の意義と編成、進路指導・生徒指導論、教師論、教育心理学、教育方法・技術論、教育相談の基礎、教育実習(小学校) など
幼児教育科目 保育内容総論、保育課程論、保育内容指導法(言葉)、保育内容指導法(環境)、保育内容指導法(健康)、保育内容指導法(人間関係)、保育内容指導法(表現・音楽)、保育内容指導法(表現・造形)、教育実習(幼稚園) など
演習科目 専門演習、卒業研究 など
NGU教養スタンダード キリスト教、自己理解と自己開発 、社会的教養(人間理解、社会理解、自然理解、歴史文化理解、環境理解、身体理解、地域理解)、言語とコミュニケーション、情報理解

シラバス参照システム
(別ウインドウが開きます)