国際文化学部

国際文化学科

世界と分かりあい、ともに仕事のできる、
真のグローバル人材の育成をめざして。

国際文化学科の学びの特色

日本と世界の文化を広く、深く学ぶ

日本と世界の文化を広く、深く学ぶ

ヨーロッパ、アメリカ、アジアなど、世界各地の文化とその発展を地理的、歴史的観点から学びます。世界各地でフィールドワークを経験してきた教員との対話を通して、学生たちは学内にいながら"世界旅行"を楽しみ、国際理解・国際交流の基礎を身につけます。また、日本文化や日本史をきちんと理解し、日本と世界の違いを見る物差しをもつことで国際社会の期待に応える価値観を形成します。

出会い、体験し、交流し、多様な価値観を養う

フィールドワーク

情報収集の方法、フィールドノートの書き方、データのまとめ方など、体験を通して文化研究に必要なノウハウを身につける。多角的な「モノの見方」ができるよう、実践的に学びます。

英語+Oneの多言語学習で、多文化理解に必要な基礎的語学力を修得

多文化理解と交流に必須のツールとして「英語」および「第二外国語」の学習を4年間継続。また、海外留学プログラムを整備し、現地の文化を肌で感じながら対応力・実践力の向上を目指します。

科目ピックアップ

グローバル社会文化論

今や人との交流は国境や民族、宗教を越えてグローバルな文化的世界を形成しています。情報・コミュニケーションの飛躍的な変化が新たな文化を創造する力となり、誰でもどこからでも参加できる時代の生き方を考えます。

ヨーロッパ文化総論

ヨーロッパの多様な文化を貫く原理と地域的諸問題を、映画教材などを取りあげながら考えます。長い歴史と多くの異文化との交流によって形成されたヨーロッパ地域の文化的特色と地域的独自性に着目し、文化のあり方を探ります。

比較文化行動論

グローバル社会の文化的基本である多様な価値観と思考様式に焦点を当て、人間行動のあり方を学びます。授業では、映像教材などを多用しつつ、異なった文化を生きる人々との文化的行動の違いを分析し、対話の方法を考えます。

キャリア情報

取得を支援する資格

・TOEIC®

・TOEFL®

・実用英語技能検定試験(英検)

・ドイツ語技能検定試験(独検)

・フランス語能力認定試験

・スペイン語技能検定

・中国語検定試験

・通訳案内士(国家資格:観光庁)

・世界遺産検定

・旅行業務取扱管理者

・旅行地理検定 など

期待される進路

・観光/旅行/貿易/流通等の一般企業

・国家/地方公務員(地域/外国人支援行政)

・多文化交流事業(NPO)、民間国際協力団体(NGO) など

学生の声

杉浦 夢菜さん
国際文化学科2年

世界のトヨタが生んだ
「現地現物」の発想に惹かれた。

トヨタ自動車工場見学会

地元企業でありながら、世界で競争力をもつTOYOTA。その強さの秘密は、現場スタッフもエンジニアも、そして社長自身も、疑問や課題に出会ったら、現地で現物を見て判断して解決策を練る「現地現物」の考え方を大切にしている点にあると知りました。国際文化の学びが重視するのも、自分の目で見ること。今後も留学や国際交流などに積極的に参加し、そこで得た情報を掘り下げて調べたり、新たに興味を持った学問分野を深めていきたいと思います。