対象者別メニュー

平成25年度文部科学省 未来医療研究人材養成拠点形成事業採択 地域と育む未来医療人「なごやかモデル」

 名古屋学院大学リハビリテーション学部では、現代社会学部と協力して文部科学省の未来医療研究人材養成拠点形成事業に選定された『地域と育む未来医療人「なごやかモデル」』に平成25年度から取り組んでいます。

「なごやかモデル」の目的

「なごやかモデル」の目的は、住み慣れた土地で、豊かに老いを迎え、その人らしく暮らすことのできる社会作り(エイジング・イン・プレイス、AIP)を支える医療人材の育成です。今後予想される病院から在宅への医療ニーズの急速なシフトを、単なる高齢化対策ではなく、未来医療への新しいトレンドとして位置づけ、AIPの実現と発展、質の保証を担う総合診療医、薬剤師、看護師、理学療法士、ICT医工学者、そしてさらに広い職種を含む多職種連携チームを育てます。

事業の概要

「なごやかモデル」は、名古屋市立大学・名古屋学院大学・名古屋工業大学の三大学連携事業であり、学生や若い人材が住民と協働しAIP(Aging-in-place)コミュニティづくりに取り組む実践研修の場を、超高齢化の先行する名古屋市内地域(UR都市再生機構鳴子団地を中心とする鳴子地区)に形成し、医・薬・看・リハビリテーション・工学の学部・研究科、大学病院が連携して、AIPの実現と質の向上を担う人材を養成します。学部、大学院、研修医、多職種キャリア支援のための研修プログラムを開設し、一貫した多職種連携教育を通じて、AIPに必要な地域診断、地域再活性化から、ICTによるチーム在宅医療・包括ケアシステムの構築に至る総合的な課題解決能力を持った総合診療医、コミュニティ・ヘルスケア指導者、ICT医工学の実践的リーダを育てます。地域にコミュニティ・ヘルスケア教育研究センターを置き、教育指導、疫学や医工連携研究の指導、住民との交流による啓発活動、地域の多職種連携在宅医療の促進のためのキャリア支援を行います。これにより各地に質の高いAIP社会を形成し、後継の育成に貢献する有能な人材を輩出します。

リハビリ教員による健康講話

リハビリ教員による健康講話

学生による健康チェック

学生による健康チェック

運動教室

運動教室

体力測定

体力測定

名古屋市立大学「なごやかモデル」ホームページ

名古屋市立大学「なごやかモデル」ホームページ

未来医療研究人材養成拠点形成事業とは?

急速に進展する高齢化等に伴う医療課題の解決に貢献し、国内外の医学・医療の発展を強力に推進するため、新規性・独創性の高い特色ある取組にチャレンジする大学を選定し支援する事業です。(http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/kaikaku/1332981.htm)

  • ネット出願はこちら
  • 受験生サイトはこちら 入試情報などもご覧いただけます。

ソーシャルネットワーク

  • 名古屋学院大学 公式Facebookページ
  • 名古屋学院大学 公式YouTubeページ
  • 名古屋学院大学50年のあゆみ
  • 学校法人名古屋学院大学の中長期計画-Look Forward 2014-2023-を決定しました。
  • 地(知)の拠点整備事業採択
  • 未来医療研究人材養成拠点形成事業
  • 図書館
  • キリスト教センター
  • クリニック
  • エクステンション情報
  • 名古屋学院大学同窓会
  • 名古屋学院大学父母会
ページの先頭へ