対象者別メニュー

学長メッセージ

名古屋学院大学は、「敬神愛人」を建学の精神とするキリスト教主義に基づいた人間教育を担う大学です。「神を敬い、人を愛する」精神は、学ぶ者も教える者も謙虚であれ他者に優しくあれ、それが自らの人格陶冶と人類の平和や福祉をもたらす、というものです。

物や情報が溢れる現代社会は、確かに便利な世界です。しかし、この世界は人間もモノのように扱われがちで、心に陰を持つ者も少なくありません。また、東日本大震災では、人知の及ばぬ自然の脅威の存在を改めて知らされました。被災された方々には心からお見舞いを申し上げると同時に、「敬神愛人」を深く肝に銘じたいと思います。被災地の方々が、そして日本がこの難局から抜け出し、元気を取り戻すために、私たちもできるかぎり支援を続けて参ります。

本学は、名古屋市と瀬戸市に2つのキャンパスを持ち、8つの学部に約5,800名の学生が学んでいます。①「キャリア教育や資格講座が充実している」、②「先進的なICTを利用した教育」、③「国際交流と留学機会が豊富」、④「地域と強い連携持つ大学」などは、従来から本学の特徴として高い評価を受けてきました。これに⑤「人に優しい丁寧な教育」を加え、教職員一丸となって学生たちの教育に取り組んでいます。そして、名実ともに「学生が確実に成長できる大学」の名に恥じないよう、私たちは教育・研究・社会貢献を進化させ続けます。

木船久雄(きぶね ひさお)

1955年8月、静岡県磐田市生まれ。早稲田大学大学院商学研究科博士課程前期修了。日本エネルギー経済研究所・第六研究室長を経て、1992年本学経済学部助教授に就任。1998年教授昇任。情報教育センター長、経済学部長、大学院経済経営研究科長を歴任し、2011年学長就任。専門は資源経済学、エネルギー環境政策。

ページの先頭へ