グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  第10回ワールド・トラベラーズ・カフェ

第10回ワールド・トラベラーズ・カフェ


11月10日(金)のお昼休みに、i-Loungeにて第10回ワールド・トラベラーズ・カフェ(旧:旅行サロン)を開催し、国際文化学部生の相羽莉奈さんがマレーシアでの経験についてお話しして下さいました。

相羽さんは高校2年生の冬にマレーシアのサラワク州で2週間半の国際ワークキャンプに参加。

国際ワークキャンプとは、世界中からの参加者が地域の方々と1~3週間一緒に暮らし、環境・文化保護、福祉、教育、子ども、農村開発などに取り組む、国際ボランティアプロジェクトで、相羽さんはイバン族の住む地域で山から水を引くパイプを埋める活動やロングハウスと呼ばれる家屋の建設の手伝い、歯磨きの習慣をつけるための歯磨き講習の開催などをされたそうです。現代ではその習慣はないものの、イバン族はかつて首狩り族としても知られ、彼女がホームステイしたお家にも他の部族や身内の首が保存されていたそうで、彼女の話を聞いていた学生や教職員を驚かせました。

プレゼンテーションをして下さった相羽さん、ありがとうございました。

次回のワールド・トラベラーズ・カフェは11月24日(金)、国際文化学部長の木村光伸先生がコロンビア/アマゾンについてお話しして下さる予定です。

お時間のある方は是非、お立寄り下さいませ。