グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  What's New >  11/5(日)中日新聞朝刊:現代社会学部江口忍教授のコラムが掲載

11/5(日)中日新聞朝刊:現代社会学部江口忍教授のコラムが掲載


11/5(日)中日新聞朝刊の「中日新聞を読んで」に現代社会学部江口忍教授のコラム「車のゲームチェンジ」が掲載されました。

江口教授は、今年の東京モーターショーでも目玉となった電気自動車(EV)の課題の一つ、電池の寿命について「トヨタのルロワ副社長が二〇二〇年代前半に全固体電池の実用化を正式表明したニュースは大きな意味を持つ。」「全固体電池は『(競争環境を根底から覆す)ゲームチェンジャーとなりうる』というルロワ副社長の言葉通り、国や地域、企業の優劣など、自動車産業の構図を一変させるかもしれない。自動車産業が地域経済の命運を握る中部のメディアとして本紙には今後もこのニュースを追いかけてほしい。」と話しています。