グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  大学院 >  外国語学研究科

外国語学研究科


外国語学研究科 研究科長 黄 名時

世界が必要とする、英語学のスペシャリスト、高度な専門職業人として世界へ

本研究科は、語学研究の専門家をはじめ国際交流や文化協力における経験豊富な教授陣を擁し、ハイレベルな語学研究を行う「英語学」と、国内外の文化的課題について研究を深める「国際文化協力」の2つの専攻を設置しています。
英語学専攻には、専修免許をもつ英語教員や外国人のための日本語教員、大学や研究機関等の研究者など語学のスペシャルリストを目指す人が多く、国内外における教職実習なども活用し、免許や資格の取得を積極的に支援しています。
また、国際文化協力専攻には、日本と世界の架け橋を目指す日本人以外に、優れた日本の社会システムを積極的に吸収しようとする多彩な国の留学生が共に学び、活発な議論を重ねています。今日、世界の交流が活発化し、国際社会に関する専門的かつ高度な技能、実践力は日本のみならず、世界が必要としています。そんな世界に高度な専門性と実践力を両翼に飛び立とうとするあなたの挑戦を全力で支えていきます。
黄 名時(こう めいじ)
東京大学大学院人文社会系研究科博士課程中途退学(文学修士・東京大学)。
1989年本学外国語学部に赴任、1999年外国語学部教授、2015年国際文化学部教授。大学院中国語学専攻主任・国際文化協力専攻主任を歴任し、2017年より外国語学研究科長に就任。専門分野は中国文化史。研究対象は日中対照言語、日中比較文化。

外国語学研究科とは

外国語学研究科は本学外国語学部を母体に1997年より開設し、以来社会に貢献する人材の養成を目指しています。本研究科には「英語学専攻」と「国際文化協力専攻」を設置し、語学だけでなく日本国内、国外の国際的な文化や問題にも学問として対応できる体制をとっています。

英語学専攻と国際文化協力専攻

英語学専攻では語学・文学・教育学を中心に、それらの周辺領域に関して、言語理論に基づく教育実践・教材開発能力を習得し、文学・文化に基づく異文化対応能力を有する人材を養成します。国際文化協力専攻では、個人の研究テーマや興味関心に沿って学問的に研究し理解を深め、国際社会や地域社会に存在する問題を解決できる人材を養成します。

  • 一定の分野に関する知識が豊富なだけでなく、実務経験が豊富な教員も多数在籍し、幅の広い知識を養うことができます。
  • 他専攻間において最大10単位までの単位取得が認められ、様々な知識を身につけることができます。

専攻一覧