グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  大学院 >  経済経営研究科 経済学専攻

経済経営研究科 経済学専攻


経済学専攻とは

経済学専攻は、経済学の理論と応用に精通し、研究能力や政策の立案・遂行能力を有する人材、より高度な実務能力を発揮する人材、社会・経済の幅広い教養を備え地域社会をリードする人材の育成を目的としています。そうした人材をめざし働きつつ学び研究しようという意欲ある人を受け入れています。
理論系、政策系、金融・財政系・国際系(外国・世界・エネルギー)、経済史系など、経済学を多彩な領域からカバーし、各分野の専門家による授業を展開しています。学びの目的に応じて、「エコノミック・リサーチ」「ソーシャル・デザイン」「税法プロフェッショナル」のいずれかを選択することで、個々の研究課題に重点を置きながら、幅広い領域を学ぶことができます。

経済学専攻の理念と目的

経済学専攻は、経済学の理論と応用に精通し、研究能力や政策の立案・遂行能力を有する人材、より高度な実務能力を発揮する人材、社会・経済の幅広い教養を備え地域社会をリードする人材の育成を目的とします。

経済学専攻で学ぶ

経済学専攻は、経済学の研究者を育成するだけでなく、税理士資格や教職専修免許などを取得し、勤務する職場でより活動的に能力を発揮しようとする人たち、あるいは地域社会において積極的に活動しようとする市民層の育成も目標としています。
経済学専攻では、産業界との関係を密にし、実践的な教育研究力を高め、企業連携プログラムなどを広く展開することによって、学生の教育に生かしていくことを目指してます。カリキュラムは経済系の伝統的な学問構成を基礎としながらも、高度に専門的な知識を持ち、深い教養と知識を身につけている中堅的な職業人を養成すべく構成されており、法律と産業・地域経済の関連の科目が多数配置されていて、近年の入学者ニーズに即応したものとなっています。

プログラム紹介

目的に応じた3つのプログラムで、高度な経済学の研究を進めることができます。
プログラム名 概要
エコノミック・リサーチ 経済学における上級レベルの理論・歴史・政策をバランスよく学修したうえで、身につけた分析手法や研究能力を用いて現代経済の課題や事例を探求し、問題発見・課題解決できる実践的なリサーチ力を修得するプログラムです。
ソーシャル・デザイン 経済政策はもちろん、社会学や社会政策、そして現代社会を動かす産業・地方自治体・都市・地域に関する専門的知識を深め、社会の問題や政策課題の解決に向けて新たな経済社会をデザインする力を身につけるプログラムです。
税法プロフェッショナル 経済と法に関する多様な知識の修得と、税法の全体的な観点から判例を徹底的に検討し、グローバルの中で複雑化する経済活動・取引に対する課税制度の適切な運用能力と、実際に役立つ実践的な課税判断力を鍛えるプログラムです。

授与される学位

  • 修士(経済学)

取得可能な免許

  • 中学校教諭専修免許(社会)
  • 高等学校教諭専修免許(公民・地歴)

税理士試験の科目免除に向けた演習について

本専攻では講師陣に実務経験豊富で高度な知識を有する税法のスペシャリストを揃え“実学”を展開するとともに、税理士試験科目(税法)の一部免除が受けられるよう、きめ細かな修士論文指導をおこなっています。講師陣には消費税の創設に関わった教員をはじめ、豊富な実績を持つ実務家を教員に迎えており、ハイレベルな指導を受けることができます。また、急激に変化する経済社会、ビジネス環境の中でクライアントに対して的確なアドバイスができるよう、経営助言力・指導力を高める多彩な科目を開講し、幅広いフィールドで活躍できる税理士の育成を目指しています。
経済学専攻で税法関係の研究をして修士(経済学)の学位を取得し、経営政策専攻で会計学関係の研究をして修士(経営学)の学位を取得することにより、両分野での科目免除を申請することも可能です。詳細は大学院事務室までお問い合わせください。