コットンベイブ

コットンベイブ

クラブ紹介

名古屋学院大学瀬戸キャンパスでは、恵まれた環境を生かしオーガニックコットンを栽培して福島に届けるボランティア活動を行っています。昨年設立されたボランティアサークル「コットンベイブ」は、いろんな人が参加することで繋がり、楽しみながら、励まし合いながら、ふくしまの復興へと歩んでいく市民参加型のオーガニックコットンプロジェクトに関わっています。3.11東日本大震災による未曾有の複合的な災害(地震・津波・原発事故・放射能汚染・風評被害)により、福島県の農業はいまだに厳しい状況に置かれています。ふくしまオーガニックコットンプロジェクトはこの苦境を少しでも打開すべく、2012年度に始まりました。食用でなく、塩害にも強く、放射能物質の移行係数が低い、とされる綿を有機栽培で育て、収穫されるオーガニックコットンを製品化する一連の事業モデルを構築し、福島県の農業の再生、及び地域に活気と仕事を産み出すことをプロジェクトの目的としています。ボランティア・サークル「コットンベイブ」ではキャンパスでの栽培活動以外にも関連商品の販売やコットン製品作りの体験教室などを開催して福島のオーガニックコットンプロジェクトを支援していきます。

今年度行事予定

4月  
5月 畑の整備、オーガニック・コットンの種まき
6月 除草、水やりの世話
7月 除草、水やりの世話
8月 除草、水やりの世話
9月 台風に備えた支柱の設置、スタディ・ツアーへの参加
10月 収穫作業、瀬戸キャンパス祭への参加
11月 収穫物を郵送する、白鳥庭園観楓会への参加
12月  
1月  
2月  
3月 わくわく親子春祭りへの参加

活動時間等

部員数 9名
所属キャンパス 瀬戸キャンパス
活動場所 学外施設
(備考)瀬戸キャンパス内の畑
種別 文化会
(備考)オーガニックコットンの栽培活動によるボランティア
このウィンドウを閉じる