対象者別メニュー

国際文化協力専攻 大学院 外国語学研究科

広い視野と高い見識を持った、国際社会・地域社会に貢献できる人材を養成します

国際文化協力専攻とは

国際文化協力専攻は、国際社会のグローバル化、国際間の協力とそれらに付随して発生する異文化間の諸問題とローカルな問題に対応すべき高い識見と理解力をもって、日本国内・国外の国際的な文化活動や協力活動に従事できる人材を育成することを目的とします。
現代社会の内部には、ともに暮らす人々の奥深い心へ問題が関わっており、宗教や思想または文化などの精神的な交差に関する問題が存在しています。すなわち、今日では、異文化・異民族の特性を踏まえて、多様な価値意識を理解し国際的な視野に立って解決しなければならない問題が著しく増えています。そうした場面は国際的に展開するビジネスの世界ばかりではなく、公共機関、地域社会、学校教育の現場、NPO・NGOの諸活動などに広がっています。
本専攻ではこのような問題に対応できうる人材を育成します。

国際文化協力専攻の理念と目的

国際文化協力専攻は、国際社会のグローバル化、国際間の協力とそれらに付随して発生する異文化間の諸問題とローカルな問題に対応すべき高い識見と理解力をもって、日本国内・国外の国際的な文化活動や協力活動に従事できる人材を育成することを目的とします。

養成する人材像

  • 国際社会において異文化社会への理解と国際協力の視点から、NPOやNGO活動の質的な向上などの諸活動に取り組む方

  • 地域社会、教育機関、官公庁等における異文化理解など、高度な専門的知識をもって諸課題の解決に取り組む方

  • 民間の研究所、行政機関への就職、大学教員・研究者を目指し研究的視点で国際文化協力や地域文化へ取り組む方

国際社会の諸問題、解決策を探る2つの領域

カリキュラムは専門領域についての理論的・実践的な学識を備えるための『専門科目群』と、修士論文の作成を指導する『研究指導科目』によって、編成されています。専攻科目群は『共通科目』のほかに、専門的な知識を「協力」活動に重点をおいた『国際文化協力領域』、国際「文化」に重点をおいた『国際文化領域』の2つの領域に大別し、これら2つの領域から個人のテーマや興味関心に沿って選択できるようにしています。

  • 国際文化協力領域

    今日、国際文化および国際関係について理論的・実践的な理解を深め、国際社会を把握する大きな視野を養うことを目的としています。

  • 国際文化領域

    異文化を理解し、異文化間の交流に貢献する実践的知識を修得することにより、国際文化問題へのより具体的なアプローチをおこなうことを目的としています。

院生はこれら2つの領域から履修する科目を、個人のテーマや興味関心にそって選択します。
1年次に「国際文化協力特別研究I」、2年次に「国際文化協力特別研究II」を履修して、ゼミナール形式でこれら2つの領域の中から各自の研究テーマに基づいて指導教員より直接指導を受け、修士論文を作成します。

本専攻では、今日のますますグローバル化している世界に対応し、国際社会や地域社会に目を向けた研究を言語学からだけではなく、社会科学の見地から行なうことができます。
本専攻では研究内容に多様性があり、また、自国の文化を学びたい留学生の方にも広く門戸を開いています。

  • 大学院入試 検定料決済はこちら
  • 受験生サイトはこちら 入試情報などもご覧いただけます。

ソーシャルネットワーク

  • 名古屋学院大学 公式Facebookページ
  • 名古屋学院大学 公式YouTubeページ
  • 名古屋学院大学50年のあゆみ
  • 学校法人名古屋学院大学の中長期計画-Look Forward 2014-2023-を決定しました。
  • 地(知)の拠点整備事業採択
  • 未来医療研究人材養成拠点形成事業
  • 図書館
  • キリスト教センター
  • クリニック
  • エクステンション情報
  • 名古屋学院大学同窓会
  • 名古屋学院大学父母会
ページの先頭へ