対象者別メニュー

FD活動への取組

名古屋学院大学の教育活動をより向上させるために活動を行っています。

FD(ファカルティ・ディベロップメント)活動について

 授業内容・方法を改善し向上させるための組織的な取り組みはFD(ファカルティ・ディベロップメント)活動と呼ばれ(「21世紀の大学像答申(平成10年)」)、2008年に改正された大学設置基準ではその実施が各大学に義務化されました。本学は絶え間ないFD活動を展開し、本学の教育目標の達成を図るとともに、法令を順守し社会的責任を果たして参ります。
 名古屋学院大学では建学の精神「敬神愛人」のもと、全学生に対し知識と人格の両面から教育を行なうと同時に、それぞれの学部の専門教育を通じて、次代を担う有為な人材の育成を目指しています。そのため、授業の内容や教育スタイルにも新しい知見や技術を取り入れながら、より効果的で大きな教育成果が得られるよう授業の改善に組織的に取り組んでいます。

2017年度FD活動指針

本学では、以前からFD活動が活発に行なわれており、それをより組織的な取り組みとして支援及び実施していくため、2003年11月に全学組織として「FD委員会」を設置しました。授業の改善に向けた取り組みとして、毎学期、学生による授業アンケートや教員全体で研修会を続けています。これまでの取り組みを継続・改善するとともに、本年度はさらに以下のような活動を進めます。

  1. 1)教育ポリシーの実現
    学部学科が提示したディプロマ・ポリシーを達成できるよう、カリキュラム・マップで各科目との関連性を明示します。「学部FD委員会」で各学部が抱える固有の教育課題を検討し、改善に努めます。また、学生の能動的学修を支援するためにアクティブ・ラーニングの環境づくりを推進します。

  2. 2)学修成果の可視化とそれに基づく改善
    成績分布や出席状況といった学修データを多面的に分析し、現状を把握するとともに改善施策を立案します(IR活動)。学生による研究発表会などの教育イベントを通じて、学修成果を積極的に公開します。ルーブリック導入で授業の達成度を明示する取り組みを開始します。

  3. 3)教員の研修
    教員を対象としたICT/FD研修会を開催し、効果的な教育手法の普及を目指します。また、学外機関のFD研修に教員を派遣し、その成果を学内で共有します。さらに、教育学習センターが学内教員の授業方法を取材し、ユニークな手法をブログで紹介します。

2016年度FD活動

Ⅰ 委員会

  1. ①2016年4月20日開催 両キャンパスにてTV会議
    FD委員会規程の改正案を承認し、大学協議会に上程した。
    2015年度活動報告・2016年度活動案を承認した。
    授業アンケートの完全Web実施と全科目実施を承認した。

  2. ②2016年9月14日開催 両キャンパスにてTV会議
    議題:秋学期FD活動について
    報告:春学期FD活動について
             3つのポリシー表記の変更

Ⅱ 研修会

1 学内全体研修会

  1. ①2016年9月8日(木)於:名古屋キャンパス <参加教員103名、職員12名>
    FD研修会「データから見る本学の教育」

  2. 【報告1】
    卒業生はNGUをどのように評価しているか ―卒業生アンケートより―
    星 和徳 事務局次長

  3. 【報告2】
    教学データでのIR ―CCSによる授業アンケートから―
    児島完二教授(経済学部・教務部長)

  4. 【報告3】
    どのような学生が良い就職活動の成果を出しているか
    ―本学のIRデータを用いた分析―
    秋山太郎准教授・佐々木健吾准教授(経済学部)

  5. ②2017年3月16日(木)於:名古屋キャンパス <参加教員109名、職員10名>

  6. Ⅰ 組織的なアクティブラーニングの事例報告

  7. 【報告1】
    なごやかモデル 平野孝行 教授(リハビリテーション学部)

  8. 【報告2】
    COCプロジェクト 家本博一 教授(経済学部・社会連携センター長)

  9. 【報告3】
    日経ビジネス杯の取り組み 濵 満久 准教授(商学部)

  10. Ⅱ データで知る名古屋学院大学学生

  11. 【報告1】
    教学データでのIR ―GPAと出席率の関係を中心に―
    児島完二 教授(経済学部・教務部長)

  12. 【報告2】
    学生実態調査と学生データとの相関分析
    牧野 雅 課長補佐(学術情報センター・IR委員)

2 分科会

  1. ①2016年10月19日(水)於:名古屋キャンパス <参加教員20名、職員5名>
    新任者懇談会 私大連主催新任専任教員向けFD推進ワークショップ参加報告
    懇談会「よい授業とは」
    報告・話題提供:野尻洋平 講師(現代社会学部)

  2. ②2017年3月16日(木)於:名古屋キャンパス <参加教員16名、職員5名>
    ルーブリック研修会 <社会連携センター共催>
    本学の事例に基づく意見交換と情報交換

    【事例報告】
    田中智麻 講師(経済学部)
    安藤りか 准教授(現代社会学部)
    山下匡将 講師(現代社会学部)
    児島完二 教授(経済学部/教務部長)

    【招聘講師】
    田中 岳 教授(東京工業大学教育革新センター)
    杉森公一 准教授(金沢大学大学教育開発・支援センター)

3 ICT講習会

  1. 2017年3月16日(木)於:名古屋キャンパス <参加教員5名、職員4名>
    ICTを活用した授業 ―剽窃チェックと学修支援ツール―

    <学術情報センター共催>

4 学外研修会への派遣

  1. ①一般社団法人日本私立大学連盟主催新任専任教員向けFD推進ワークショップ
    「大学教員の職能開発とFD」に、現代社会学部 野尻講師を派遣
    2016年8月2~3日 於:グランドホテル浜松
    *10月19日(木)14:00~16:00新任者懇談会にて報告予定

  2. ②追手門学院大学主催AP採択事業アサーティブシンポジウム
    「大学学力入試の限界と新たな高大接続の方向性~追手門学院大学の挑戦~」に
    児島教務部長を派遣 2016年7月25日 於:ヒルトン大阪

  3. ③中部大学FD講演会「学習から学修へ、そして学習へ ―学習と成長パラダイムに乗る中教審施策の展開―」に、学生支援課 小竹課長補佐 を派遣
    2016年9月7日 於:中部大学

  4. ④三重大学教養教育シンポジウム
    「アクティブ・ラーニングとグローバル化を理念とした教養教育カリキュラム
    ~三重大学教養教育新カリキュラムの成果と課題~」に、教務課 遠藤氏を派遣
    2016年9月16日 於:三重大学
    *学部FDとして、国際学部より木村学部長・工藤講師 が参加

Ⅲ 授業アンケート実施

春学期 2016年6月22日~7月12日(授業第11~12週目)

秋学期 2016年11月30日~12月13日(授業第11~12週目)
*CCSによるWebアンケートを全科目で実施した。
(但し、申し出により実施しない科目あり)
*授業第13~14週目に授業内で学生へのフィードバックを可とした

Ⅳ 教務関係実績報告

期首毎に前学期の授業実績、成績分布、学生出席状況一覧表をサイボウズファイル管理に保存し、自由に閲覧可とした(集計表作成:教務課)。

Ⅴ 教育手法の研究

学外シンポジウム等に派遣(Ⅱ研修会4学外研修への派遣参照)。
アクティブ・ラーニング関係図書7冊を購入した。
ルーブリック研修会を行った(Ⅱ研修会2分科会参照)。

Ⅵ 教育学習センター(ESC)の活動

・教育学習センターブログで、教員インタビュー、授業紹介記事を掲載した。
★Bridge★ 2016年度掲載6件、累積33件
★授業のぞき見★ 2016年度掲載3件、累積10件

・サイボウズ掲示板にて、随時他大学のFD関係催し・資料情報等を案内した。

Ⅶ 各学部FD活動について

所定の様式により、各学部の活動報告を受けた。
経済学部2件、現代社会学部2件、商学部2件、法学部0件、外国語学部3件
国際文化学部4件、スポーツ健康学部0件、リハビリテーション学部1件

計14件

過去のFD活動

  • NGUのネット出願!
  • 受験生サイトはこちら 入試情報などもご覧いただけます。

ソーシャルネットワーク

  • 名古屋学院大学 公式Facebookページ
  • 名古屋学院大学 公式YouTubeページ
  • 名古屋学院大学50年のあゆみ
  • 学校法人名古屋学院大学の中長期計画-Look Forward 2014-2023-を決定しました。
  • 地(知)の拠点整備事業採択
  • 未来医療研究人材養成拠点形成事業
  • 図書館
  • キリスト教センター
  • クリニック
  • エクステンション情報
  • 名古屋学院大学同窓会
  • 名古屋学院大学父母会
ページの先頭へ