グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ



PROJECT&Nとは


ホーム > PROJECT&Nとは


このまちの未来を、 地域と一緒に創り上げていく。
PROJECT &N(アンドエヌ)は、3つのまちづくりアプローチを通して、地域のみなさんと地元を盛り上げていく連携事業です。
これまで、名古屋学院大学は、商店街活性化・観光推進・減災支援などなど、さまざまな地域連携の事業を行ってきました。
実に幅広い領域で、地域の方と一緒になって課題解決に向かって動いてきました。それらの取り組みをまとめ、新しく発信していく事業がこの「PROJECT &N」です。

名称の「&N」は名古屋学院大学のNのこと。
対象地域となる地域のさまざまな活動に、私たちの力を掛け合わせていただくことで、その盛り上がりを何倍にも広げたい、という想いを込めました。それは同時に、私たちが地域ともっと近づきたい、という意思の表れでもあります。掲載されるプロジェクトは、今後増え続けていくでしょう。

興味を持って頂いた方、参加したい方、ぜひご連絡ください。私たちが住む、このまちの未来を、一緒に作り上げていきませんか。



3つのまちづくりって?
「PROJECT &N」では、大きく「地域商業」、「歴史観光」、「減災福祉」の3つのまちづくりアプローチから、地域の課題を解決していきます。
それによって、地域の活力を取り戻し、持続性の高い地域づくり、すなわち「地域の質(Quality of Community)」の向上を図ります。

地域商業まちづくり
商店街の活性化、キャンパス屋上農園を活用した地元産ブランド食材の開発など、商学の連携を通じて地域経済の発展を促す活動です。当面の目標は、地域ビジネス経済効果4千万円。学生の若い感性との掛け合わせで、新しいビジネスチャンスを掘り起こします。

歴史観光まちづくり
歴史と地域資源を発掘し、活用することによって地域の歴史観光を育む活動です。スマートフォン活用による歴史文化案内システムの運用をはじめ、課題解決型授業の中で、実際に現地に訪れて新たな活用法を模索するなど、さまざまな角度で歴史観光の可能性を探ります。

減災福祉まちづくり
若いエネルギーを活かし、災害に強いひとづくり、まちづくりを目指します。東日本大震災ボランティア活動といった災害に直結する活動から、キッズワークショップによる子どもへの教育還元や健康運動教室などによる多世代交流の展開など、地域の方との距離を縮め、万が一の際の基盤づくりにも注力しています。


3つのまちづくりプロジェクトを見る