大学COCおよびCOC+事業について

文部科学省が実施する2013年度「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」に、名古屋学院大学が申請した
取組(事業名:「地域の質」を高める「地」域連携・「知」識還元型まち育て事業)が採択されました。
また、2016年度からは、岐阜大学を中核とする「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」
(事業名:岐阜でステップ×岐阜にプラス 地域志向産業リーダーの協働育成)に参画しています。

地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)とは?

大学等が自治体と連携し、全学的に地域を志向した教育・研究・地域貢献を進める
大学を支援することで、課題解決に資する様々な人材や情報・技術が集まる、
地域コミュニティの中核的存在としての大学の機能強化を図ることを目的としています。

COCについて詳しくはこちら

地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)とは?

2013年度から「地域のための大学」として、各大学の強みを生かしつつ、
大学の機能別分化を推進し、地域再生・活性化の拠点となる大学の形成に
取り組んできた「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」を発展させ、
地方公共団体や企業等と協働して、学生にとって魅力ある就職先を
創出・開拓するとともに、その地域が求める人材を養成するために必要な
教育カリキュラム改革を断行する大学の取組を支援することで、
地方創生の中心となる「ひと」の地方への集積を目的としています。

文部科学省 COC+事業

COC+について詳しくはこちら